Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C731] 私も会ってみたかったなぁ。

ミルクティ子ちゃん~と思いながら、今日も午後の紅茶飲んだ。

けっこう前の記事に、結婚記念日のラブレターだったかな?(違ったらゴメンナサイ。

手紙を書いた、もらったってちょこ②記事の中にあったのを読んで

素敵な夫婦なんだな~って、思ってた。

今までは、思うだけだった(失礼)けど、本当に、素敵な夫婦なんだな~と

改めて思ったので、コメントしてみました。

思ってることが、何を言いたいのか、全く伝わらない文章ですみません(汗
  • 2013-12-25 03:09
  • ソルティライチ子
  • URL
  • 編集

[C735] クリスマスイブ

読んでいて涙が止まらなくなった。ミルクティ子ちゃんは幸せものだね。ミルクティ子ちゃんと自分が重なり哀しくなった。白血病のバカヤロウ!悔しくて悔しくてたまらないよ。支離滅裂な文章でごめんね。
  • 2013-12-25 11:20
  • シナモン
  • URL
  • 編集

[C737]

初めてコメントします!
本当に本当に無念だよね。白血病のばかやろうっていつも思っています。なんでミルクティ子ちゃんを連れて行ってしまったの?と。
ミルクティ子ちゃんとは仕事の休憩中にベンチでたくさんお話しして、意気投合してどんどん仲良くなったけど、かつて働いてた某ホテルでの話(着物で髪をいつもおだんごにしてたからお客さんに「こけしちゃん」と呼ばれたことがある、とか)を聞いたこと思い出したよ。
つくづく思うのは、嘘がない子なんだよね。見栄とか虚勢がなくて正直で、一見クールなんだけど情に厚くて。仕事以外でも遊びにいくようになって、Rちゃんちに泊まりっこしたり3人でお風呂入りに行ったりいろいろしたけど、どんなに仲良くなっても、Rちゃんともども年上のわたしたちには一貫して敬語を使ってくれて、変にくだけたりしないで慕ってくれたなぁって、しみじみといい子だなあって思う・・・。
わたしもまた会いたい。本当に会いたいよ。
  • 2013-12-26 21:55
  • meg
  • URL
  • 編集

[C739] ソルティッ子さん

ミルクティ子ちゃんが手紙が好きだったのです。
俺はいつもは手紙を書かなかったので、
病室で手紙をあげた時は本当に喜んでたなー。
棺に入れた最後の手紙もちゃんと読んでくれたかなー。
  • 2013-12-26 23:38
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C740] シナモンさん

いつもミルクティ子ちゃんの事を想ってくれてありがとう。
ミルクティ子ちゃんもいつもシナモンさんを見守ってくれているはず。
  • 2013-12-26 23:40
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C741] megさん

初めてのコメントありがとう。
どこのmegさんだっけ・・・と思ったら相撲が好きなmegさんですか。
いつもみんなで集まってアホな事してましたね。
誰かの結婚式があるわけでもないのに、ドレスで着飾って繁華街に飲みに繰り出したり、
花見の季節に桜の樹の下でRさんの手作りカレーをみんなで食べたり。

随分と昔の話ですね・・・。
  • 2013-12-26 23:48
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C745] あの時~って思うことは多々あります。

私は、手紙もそうだけど、写真をもっと撮っておけばよかったなと
相方が旅立ってから、事ある毎に思ったものです。
何年も前の事を、今更思っても仕方がないんですけどネ(苦笑い
色んな意味で心残りはたくさんあるけれど、少しずつ乗り越えてきたかなぁ。
と、思ってるだけかもしれないですが、今日もご飯が美味しいです。

  • 2013-12-28 03:54
  • ソルティライチ子
  • URL
  • 編集

[C750] ソルティ子さん

なんとなんとソルティライチ子さんも残された側だったんですね・・・。

美味しいご飯を食べる、楽しい事をたくさんする。
お空の上のミルクティ子ちゃんが心配しないように
なるべく笑顔で日々を過ごしていきたいものです。
  • 2013-12-28 23:00
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://milkteakoganbare.blog.fc2.com/tb.php/252-c16e13c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

涙のクリスマスイブ

声を出して泣いたのは亡くなった日の翌日の朝以来。

あの日は朝食の前に枕元で病院であげたミルクティ子ちゃんへの手紙を
読み返していたら、無念すぎて涙がとまらなくなった。

朝食の準備が出来た家族みんなを待たせて一人でメソメソ泣いていたら
顔にかけてた白い布がフワッと動いたのはあの時だったっけ。


あの日以降、家に一人でいても泣くことはなかったのは
きっと知らないうちに悲しい気持ちになる前に気持ちをセーブしていたから。


ミルクティ子ちゃんはイベント事が大好きだった。

事あるごとに手紙を書いてくれた。

確か去年の今頃のディナーは24日がラーメン、25日がステーキだった気がする。

体調が悪くてどっちもあまり食べれなかったけれど。


俺が寂しくって涙がでるというよりは、
ミルクティ子ちゃん、もっとこうしたかったかよね・・・とか、
若くしていってしまったミルクティ子ちゃんが不憫すぎて涙が止まらなくなった。

泣きすぎたからか、鼻をかんだら鼻血がでててビックリした。



日曜日、ミルクティ子ちゃんがかつて働いていたホテルで四十九日の法要をすませた。

働いていたのは10年以上前だけど、ホテルには当時のミルクティ子ちゃんを知っている方もいた。

付き合いたてだったあの頃、そのホテルの和食で働くミルクティ子ちゃんの着物姿はとてもとても優雅だった。

一人で着物を着れるようになったよーってお母さんに言ってたんだって。

俺が食べに行った時は天ぷらを山盛りにしてくれた。



あー、またミルクティ子ちゃんに会いたいなー。。

 
スポンサーサイト

コメント

[C731] 私も会ってみたかったなぁ。

ミルクティ子ちゃん~と思いながら、今日も午後の紅茶飲んだ。

けっこう前の記事に、結婚記念日のラブレターだったかな?(違ったらゴメンナサイ。

手紙を書いた、もらったってちょこ②記事の中にあったのを読んで

素敵な夫婦なんだな~って、思ってた。

今までは、思うだけだった(失礼)けど、本当に、素敵な夫婦なんだな~と

改めて思ったので、コメントしてみました。

思ってることが、何を言いたいのか、全く伝わらない文章ですみません(汗
  • 2013-12-25 03:09
  • ソルティライチ子
  • URL
  • 編集

[C735] クリスマスイブ

読んでいて涙が止まらなくなった。ミルクティ子ちゃんは幸せものだね。ミルクティ子ちゃんと自分が重なり哀しくなった。白血病のバカヤロウ!悔しくて悔しくてたまらないよ。支離滅裂な文章でごめんね。
  • 2013-12-25 11:20
  • シナモン
  • URL
  • 編集

[C737]

初めてコメントします!
本当に本当に無念だよね。白血病のばかやろうっていつも思っています。なんでミルクティ子ちゃんを連れて行ってしまったの?と。
ミルクティ子ちゃんとは仕事の休憩中にベンチでたくさんお話しして、意気投合してどんどん仲良くなったけど、かつて働いてた某ホテルでの話(着物で髪をいつもおだんごにしてたからお客さんに「こけしちゃん」と呼ばれたことがある、とか)を聞いたこと思い出したよ。
つくづく思うのは、嘘がない子なんだよね。見栄とか虚勢がなくて正直で、一見クールなんだけど情に厚くて。仕事以外でも遊びにいくようになって、Rちゃんちに泊まりっこしたり3人でお風呂入りに行ったりいろいろしたけど、どんなに仲良くなっても、Rちゃんともども年上のわたしたちには一貫して敬語を使ってくれて、変にくだけたりしないで慕ってくれたなぁって、しみじみといい子だなあって思う・・・。
わたしもまた会いたい。本当に会いたいよ。
  • 2013-12-26 21:55
  • meg
  • URL
  • 編集

[C739] ソルティッ子さん

ミルクティ子ちゃんが手紙が好きだったのです。
俺はいつもは手紙を書かなかったので、
病室で手紙をあげた時は本当に喜んでたなー。
棺に入れた最後の手紙もちゃんと読んでくれたかなー。
  • 2013-12-26 23:38
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C740] シナモンさん

いつもミルクティ子ちゃんの事を想ってくれてありがとう。
ミルクティ子ちゃんもいつもシナモンさんを見守ってくれているはず。
  • 2013-12-26 23:40
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C741] megさん

初めてのコメントありがとう。
どこのmegさんだっけ・・・と思ったら相撲が好きなmegさんですか。
いつもみんなで集まってアホな事してましたね。
誰かの結婚式があるわけでもないのに、ドレスで着飾って繁華街に飲みに繰り出したり、
花見の季節に桜の樹の下でRさんの手作りカレーをみんなで食べたり。

随分と昔の話ですね・・・。
  • 2013-12-26 23:48
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

[C745] あの時~って思うことは多々あります。

私は、手紙もそうだけど、写真をもっと撮っておけばよかったなと
相方が旅立ってから、事ある毎に思ったものです。
何年も前の事を、今更思っても仕方がないんですけどネ(苦笑い
色んな意味で心残りはたくさんあるけれど、少しずつ乗り越えてきたかなぁ。
と、思ってるだけかもしれないですが、今日もご飯が美味しいです。

  • 2013-12-28 03:54
  • ソルティライチ子
  • URL
  • 編集

[C750] ソルティ子さん

なんとなんとソルティライチ子さんも残された側だったんですね・・・。

美味しいご飯を食べる、楽しい事をたくさんする。
お空の上のミルクティ子ちゃんが心配しないように
なるべく笑顔で日々を過ごしていきたいものです。
  • 2013-12-28 23:00
  • ミルクティ夫
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://milkteakoganbare.blog.fc2.com/tb.php/252-c16e13c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ミルクティ夫

Author:ミルクティ夫
1981年生まれ
結婚4年目で、子供はいないながらに一緒に楽しく暮らしてた奥様が急性骨髄性白血病に。

2013/1/19ブログスタート。

Twitter @milkteakoo


 

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。