Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C660] 夫婦の絆

今日は、お辛い一日でしたね。
なかなか眠れないのでしょうか?
私も今年に入って同じ様に経験を
したので、お気持ちは痛すぎるほど
分かるんです。
ご主人の深い深い愛情がブログを通して伝わってきて、ミルクティー子さんの
最期は幸せであったであろうと
感じます。
もしこれから奥様の事を話したくなったらいつでもブログで聞かせて下さいね。
明日はご夫妻の事、想っています。

[C661] 愛情いっぱい

夫さんの暖かい愛情と優しさに包まれながら頑張った辛い闘病生活、ミルクティ子ちゃん本当にお疲れさまでした。

今は苦しみから解放されてニコニコ微笑んで夫さんを見守っていることでしょう。

このブログは愛情がいっぱい溢れていて、今までにもにフッと心がなごまされてしまうことがたくさんありました。

火葬の日の一日も、悲しいけれどご家族方に囲まれて、みんなと一緒にミルクティ子ちゃんがそこに一緒にいるような気がしました。

私も心の中でかわいい鐘をチーンと鳴らし、手を合わせました。
今日は神奈川の地からミルクティ子ちゃんが安心してお空へ行けるように祈りますね。

夫さん、お疲れが出ませんようにお身体ご自愛ください。
  • 2013-11-20 06:13
  • yuu
  • URL
  • 編集

[C662]

実は私の祖父が亡くなり、今日は葬式と火葬です。ミルクティコさんに天国で会えるといいなと思ってます。なぜかお通夜は悲しくなくて、祖父の顔が笑って見えて、辛い治療が終わって楽になったんだなと感じました。
治療を頑張った祖父とミルクティコさんに天国で楽しんでもらいたいです。

  • 2013-11-20 07:09
  • ゆか
  • URL
  • 編集

[C663]

本当に厳しい闘病、お疲れ様でした。ミルクティ子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
実は、ここ数週の記事は、同じく闘病中の私にとっては、あまりにも怖くて読めていませんでした。今回、自分も12月に再移植の日程が決まり、覚悟が出来たところで改めてこのブログを開いて結果を知った次第です。
ミルクティ子さんのためにも、自分は生き抜いてこの病気に勝って報告したいと思います。
  • 2013-11-20 09:01
  • どつお
  • URL
  • 編集

[C665] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C666]

旦那様の溢れんばかりの愛が、
とても眩しく感じます。
こんなにも愛されたミルクティ子ちゃんは、
お空から微笑みながら旦那様を見つめているのでしょうね。
私がこれまでに出会った誰よりも素敵なご夫婦です。

ミルクティ子ちゃん、どうぞ旦那様をお守りくださいね。
  • 2013-11-20 22:20
  • Natural Yeast
  • URL
  • 編集

[C667]

我が次男も昨年の6月に4年半の闘病の末合併症で他界しました。だからこそ闘病している方達には頑張って一日でも長く生きてほしいと願い、治癒を願いブログ訪問をしていました。奥様の厳しい闘病、それを支えてきた旦那様。お二人とも本当にお疲れ様でした。悲しみは続きますけど我が次男とともに天国で見守ってくれていると思います。きっときっと笑顔で空からありがとうの風を送っていると思います。
  • 2013-11-21 00:44
  • tae
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://milkteakoganbare.blog.fc2.com/tb.php/237-6e418b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火葬など。

忘れないようにしっかりと記しておく。


まず、今日は午前中に、鐘とかろうそくを買いに行った。

葬儀屋さんはホームセンターに売っているというので、
すぐ近くのホームセンターに行った。

鐘のサイズを二、三個から選ぶのかと思ってお店に行ったら1つしかなかった。

ので、思い立って街の仏具屋さんまで足を伸ばした。

なんということでしょう。

鐘だけでもすごい色んな種類がある!

ショッピングが好きだったミルクティ子ちゃんに
とびきり可愛い鐘、燭台、香立て、1輪挿しを選んであげた。

チーン。

すごくいい音がした。


午後からは出棺から火葬場へ。

手紙をもらうと泣いて喜んでいたミルクティ子ちゃんに最期のお手紙を渡した。

頬をなでてあげたら、冷たかったけど変わらず柔らかかった。


ミルクティ子ちゃんとたくさんお話して
最後のドライブを楽しみながら火葬場へ向かった。

こっそり話してたのに後ろの席の弟にバレていた。


火葬場でミルクティ子ちゃんの体に別れを告げた。

皆が泣いて別れを惜しんでる間に、まだ近くにいるであろう
ミルクティ子ちゃんと先に2階の控室に行った。

ミルクティをついであげて話しかけていたら
その更に隣にいた別の友人が返事をした。

ミルクティ子ちゃんに言ったのに!と、言って皆で笑った。

他にもお坊さんがルパン三世みたいな車に乗ってきたこと、
お坊さんのタイムスケジュールがズレ過ぎたこと、
葬儀屋さんがクラクションを鳴らされたこと、
葬儀屋さんの指の使い方の事、
あの時、あの場面で弟がマジか…と言った事、
後はどんな話をしたっけ…。

笑いながら待った2時間はあっという間で、
お骨になったミルクティ子ちゃんと対面した。

全部キレイに拾ってあげたくて、
一生懸命拾ったけれど、これは違いますね…と何度か言われた。


お骨になって久しぶりのお家に帰ってきた。

可愛い仏具を見てもらって、ミルクティ子ちゃんが食べたかった
あのお店のラーメンを皆で食べた。

新婚旅行で行ったグアムのビデオを皆で見た。


ミルクティ子ちゃんの葬儀はいよいよ明日。

 
スポンサーサイト

コメント

[C660] 夫婦の絆

今日は、お辛い一日でしたね。
なかなか眠れないのでしょうか?
私も今年に入って同じ様に経験を
したので、お気持ちは痛すぎるほど
分かるんです。
ご主人の深い深い愛情がブログを通して伝わってきて、ミルクティー子さんの
最期は幸せであったであろうと
感じます。
もしこれから奥様の事を話したくなったらいつでもブログで聞かせて下さいね。
明日はご夫妻の事、想っています。

[C661] 愛情いっぱい

夫さんの暖かい愛情と優しさに包まれながら頑張った辛い闘病生活、ミルクティ子ちゃん本当にお疲れさまでした。

今は苦しみから解放されてニコニコ微笑んで夫さんを見守っていることでしょう。

このブログは愛情がいっぱい溢れていて、今までにもにフッと心がなごまされてしまうことがたくさんありました。

火葬の日の一日も、悲しいけれどご家族方に囲まれて、みんなと一緒にミルクティ子ちゃんがそこに一緒にいるような気がしました。

私も心の中でかわいい鐘をチーンと鳴らし、手を合わせました。
今日は神奈川の地からミルクティ子ちゃんが安心してお空へ行けるように祈りますね。

夫さん、お疲れが出ませんようにお身体ご自愛ください。
  • 2013-11-20 06:13
  • yuu
  • URL
  • 編集

[C662]

実は私の祖父が亡くなり、今日は葬式と火葬です。ミルクティコさんに天国で会えるといいなと思ってます。なぜかお通夜は悲しくなくて、祖父の顔が笑って見えて、辛い治療が終わって楽になったんだなと感じました。
治療を頑張った祖父とミルクティコさんに天国で楽しんでもらいたいです。

  • 2013-11-20 07:09
  • ゆか
  • URL
  • 編集

[C663]

本当に厳しい闘病、お疲れ様でした。ミルクティ子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
実は、ここ数週の記事は、同じく闘病中の私にとっては、あまりにも怖くて読めていませんでした。今回、自分も12月に再移植の日程が決まり、覚悟が出来たところで改めてこのブログを開いて結果を知った次第です。
ミルクティ子さんのためにも、自分は生き抜いてこの病気に勝って報告したいと思います。
  • 2013-11-20 09:01
  • どつお
  • URL
  • 編集

[C665] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C666]

旦那様の溢れんばかりの愛が、
とても眩しく感じます。
こんなにも愛されたミルクティ子ちゃんは、
お空から微笑みながら旦那様を見つめているのでしょうね。
私がこれまでに出会った誰よりも素敵なご夫婦です。

ミルクティ子ちゃん、どうぞ旦那様をお守りくださいね。
  • 2013-11-20 22:20
  • Natural Yeast
  • URL
  • 編集

[C667]

我が次男も昨年の6月に4年半の闘病の末合併症で他界しました。だからこそ闘病している方達には頑張って一日でも長く生きてほしいと願い、治癒を願いブログ訪問をしていました。奥様の厳しい闘病、それを支えてきた旦那様。お二人とも本当にお疲れ様でした。悲しみは続きますけど我が次男とともに天国で見守ってくれていると思います。きっときっと笑顔で空からありがとうの風を送っていると思います。
  • 2013-11-21 00:44
  • tae
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://milkteakoganbare.blog.fc2.com/tb.php/237-6e418b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ミルクティ夫

Author:ミルクティ夫
1981年生まれ
結婚4年目で、子供はいないながらに一緒に楽しく暮らしてた奥様が急性骨髄性白血病に。

2013/1/19ブログスタート。

Twitter @milkteakoo


 

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。