Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の外食の話。

最後の外食は8月のお盆前。

再々発を告げられた後の外泊の時。

その頃、スーパーで美味しい牛タンを見つけて、外泊の度に家で焼いて食べていた。

入院前に鋭気を養おう!って事で二人でお店に焼き肉を食べに行ったけど、
結果的にはスーパーのお肉を家でゆっくり食べた方がよかったね・・・となった。。

お店のお肉がまずかったわけじゃなくて、スーパーのが美味すぎた。
し、家でリラックスして食べた方がよかった。


その時のお店は混んでて、しばらく順番待ちをしてから普通のボックス席に着いたんだけど、
その時の店員さんが、「よろしければ、奥の半個室にどうぞ。」と、言ってくれて、
二人で、やっぱり病人ぽいのかな?なんて話をした。

その時の体重は37kgで、確かに少しガリガリだったかも。

そんなにたくさんは食べられないんだけど、
やっぱり色んなモノが食べたくなっちゃって結構たくさん注文したと思う。

元々冷麺が好きだったけど、その頃は辛いものが食べられなかったから冷麺を別辛で注文した。

辛味のない冷麺はなんとも味気がなくて、やっぱり美味しくないね(笑)ってなった。



今日はそのスーパーでミルクティ子ちゃんが好きだった厚切りの牛タンを買ってきた。


スポンサーサイト

ポコ、パンッ!

入院当初はいわゆるガラケーだったミルクティ子ちゃん。

入院中の暇つぶしにもなるからスマホにしたら?
と、言っても別に今ので不満はないからいいの!なんて言っていた。

怖いことが書いてあると悪いからか、当時白血病について検索したりもしていなかった。

俺が病気について先生に質問する事さえも拒んでいた。

先生に余計な事聞かないで!って。


ちょうど機種変の割賦が終わる時期に、auからINFOBARの新しい事がでる事になったので
それを機にスマホにチェンジ。

INFOBAR A02の赤。

初めこそ使いづらそうにしてたけど、LINEのスタンプ楽しい!とか
可愛いイヤホンジャックもらった!とかスマホを満喫していた。

新しいスマホ見せてーっていう友達に、
待受にしていた俺の写メを見られて冷やかされたりもしていた。

LINEPOPや、ウインドランナー、ポコパンなど、毎日楽しそうに遊んでた。

ゲームで使う靴やクローバーあげるからね!ってたくさん送ってくれた。

ポコパンのルーレットで5倍が出ると、すごいねー(笑)って喜んでたw

かなり最初の方でライオンがあたった時も!



今日のブログの記事はちょっと支離滅裂気味。。


寝ます。


Zzz...



うどん。

麺類、特にうどんが大好きだったミルクティ子ちゃん。

病気と診断された日の夜に食べに行ったのは大好きな丸亀製麺。

丸亀製麺のうどんは美味しかったけど、体調が悪くて少し残しちゃったと思う。


再発を告げられた時に食べに行ったのは病院の近くのファミマの向かいのそば屋。

母と弟と俺と4人で。

俺が食べた蕎麦は美味かったけど、
ミルクティ子ちゃんが食べたうどんは信じられないほど不味かった・・・。

もう、可もなく不可もなく、ではなくて不味い。

麺がそこらの玉うどん。

心境的にも何を食っても不味かったんだろうけど、それを差し引いても本当に不味かった。


入院中もスマホでつるとんたんのメニューを見てたりしてた。

退院したら行きたい!って。


一時退院に向けて、ネット通販でざるうどんを買ったりもしてた。

だけど、そのうどんも不味かった・・・。

うどんは美味かったんだけど、つゆが不味かった・・・。

冷やしカレーうどんつゆ・・・。


どうしてそんなに不味いうどんにあたるの・・・。



みなさんも不味いうどんにあたったら、
ミルクティ子ちゃんの事を思い出してあげてくださいね・・・。



今日は一人でその丸亀製麺に行き、思い出したので書いた。


 

3.11の時の話。

お察しの通り、こちらは東北地方。

3.11の時は今までに体感したことのない揺れだった。

幸い東北地方の中でも被害が最も少ない地域ではあったけれど、
それでも電気は止まり、ガソリンの供給不足にも陥った。

地震の直後は電話は繋がりにくくなって、
ミルクティ子ちゃんの事を心配していたけれど、
地震発生から程なくしてうちの実家に自分で運転してやってきた。

あの仕事でもそんなに速やかに帰宅してきた事に当時は驚いた。

夜になると、信号も街灯もついていないいつもの町はなんだか不気味で、
星は見えるけど、本当に辺り一面漆黒の闇!って感じだった。

夜中の間、何度もやってくる余震に怯えながら、
ラジオをつけたまま実家のこたつで二人で並んで寝た。

朝になって二人で歩いて新聞屋さんに新聞を買いに行った。

普通に新聞が手に入って驚いた。

今日の新聞ください!と、千円札だけ握りしめて行った俺に、
店員さんは「こまかいのない・・・?」と言って、ない旨を伝えると
「お釣りもないからお代はいいよ・・・。」
と言われた話を家族以外に話すのは初めてかも。


地震前から風邪を引いていた俺に、早く医者に行くよう言っていたミルクティ子ちゃん。

ようやく医者に行ったのはいつだっけかな・・・。
確か地震発生後だったと思うんだけど、今度はミルクティ子ちゃんに風邪が伝染った!

俺から伝染った風邪はなかなかに強力で、ミルクティ子ちゃんは結構な熱にうなされた。。

職場が再開してからも1週間くらい休ませてもらった気がする。。

その時お世話になった病院は、AMLを見つけてもらった病院。


この前会社でインフルエンザの予防接種をしてもらったのもその先生。

 俺「先生、年末に妻がAMLを見つけてもらって・・・」

 医「あー!同級生の大先生から少し話は伺ってますがあれからどうです?」

 俺「どうやらやっと生着したっぽいんです!」

 医「おお、やっと!よかったですね!」


ってやり取りをしたのに、次の日は白血球は横ばいだった。。


 

片付け。

週末に少しだけ押入れの中の片付けをした。

その時に出てきたのはなんと2009年のミルクティ子ちゃんの健康診断の紙。


驚いた・・・。


白血球が少なくて再検査の判定がでていた。

健康な人が3400~8900とされている白血球が3100。

言われてみればそんな事もあったような気がする。

多分再検査は受けていて、一時的なものと診断されていたんだと思う。

白血病なら一般的に白血球は増えるし・・・。

でも異常があったのは2009年だけで、それからは異常はなかった。


ミルクティ子ちゃんはもしかして骨髄異形成症候群とかだったりしたのかな。。


子供が出来なかったのはそれも関係してるのか。

不妊治療をしていればもっと早くに異常を察知できていたのか。


寒くなって踵が乾燥して割れて痛い思いをしていたら、
ちょうど未開封のプルプル踵保護シートが出てきた。



ミルクティ子ちゃん、ありがとね。


 

献血について。

先日、成分献血をしてから2週間。

献血ルームからお礼のハガキが届いていた。

あの時の血漿は、人の血液でしか作れない感染症などの治療薬として、
小さなビンに入った形で患者さんに届けられるそうだ。

恥ずかしながら、ミルクティ子ちゃんがこの病気になるまでは献血の経験はなく、
「今の献血ルームキレイになったよねー!」
と言われる度に、前の献血ルームを知らない俺はもっと献血しておけばよかったなぁと感じる。

ハガキには、新しい献血ルームになり献血者数も少しずつ増えてはいるものの
まだまだ足りていなくって、平日の血液集めに苦慮しているとの事。

特に血小板は献血してから3,4日しか持たないので、慢性的に不足しがちになる。

血球貪食症候群をおこしていたミルクティ子ちゃんは
毎日のように血小板の輸血をもらっていたので、
木金土日あたりの血小板の輸血は本当にありがたかった。

なかには、隣県どころじゃない遠い所で献血されたものもあった。
(輸血には血液型の他に県名も表示されている。)

成分献血は全血とは違って前回の献血からの間隔が2週間ですむため
出来る限り献血に行く回数を多くしたいとは思っている。

しかしながら、我が街の献血ルームの受付時間は9:30~17:30
と決まっているので、行けたとしても土日しか行けない。

ありがたい事に、土日は献血ルーム混むし・・・。

平日の血液集めに苦慮してるんだったら、
水曜日あたりに受付を12:00~20:00にしてみてはどうか?
と、メールしてみようと思う。

こっちは本当に血をわけてあげたいのだ。

水曜日の午前中しか行けないの!っていう人よりも、
水曜の仕事終わりなら行けるよーって人のほうが圧倒的に多いはず!


みなさんもそう思いませんか!?


そう思われた方は下の拍手ボタンをクリックのうえ、近日中に献血へGO!


 

ハチミツ禁止。

入院したての頃は食べていいもの悪いものが書いてある
パンフレットを二人で熱心に眺めていた。

その中の禁止の覧にあったハチミツ。

飲み物も、ポカリはOKだけどハチミツが入っているアクエリアスはダメ!
なんて説明をうけたのもあり、ハチミツはとんでもなく危険なものだと思いこんでいた。

よくよく確認してみるとそれは生?のハチミツの話で、
ジュースや食品等、加熱処理がなされているであろう
ものについては別にいいよーとの事だった。

一番最初に説明した看護師でてこいやー!

だけど一旦植え付けられたハチミツへの警戒心は最後まで解けず
入院中の飲み物はほとんどポカリだった。
(ミルクティはデザートのポジション。)

たまーに俺用に買っておいた炭酸やその他のジュースの
開封一発目を一緒に飲んだりもした。

ある時、一時期俺がハマったソルティライチを、
これ美味しいよ!って言ってわけてあげた。

その時、ミルクティ子ちゃんは、美味しい!って飲んだけど
直後に俺がラベルを確認したらハチミツが入ってたw

多分、その事を知らせると具合が悪くなるだろうと思って
ミルクティ子ちゃんには黙っていたけど・・・。

翌日くらいまで、熱が出たらどうしよう・・・と俺一人で
不安になったりしたけど、あの時は特になんともなくてよかった・・・w



この記事を読んだミルクティ子ちゃんはコラー!って怒ってるかな?w



初めての月命日。

あれから一ヶ月。

月日が立つのは早い。

昨日の昼の部、夜の部、今日の夜の部と、
たくさんのお友達が線香を上げに来てくれた。

両夜の部のお友達とは新婚旅行のビデオを見た。

昨日の夜の部のお友達は、
「普段とは違った可愛いミルクティ子ちゃん!」と言っていて、
今日の夜の部のお友達は、
「カメラが向けられてない時が懐かしミルクティ子!」
と、言っていた。

ほら、ミルクティ子ちゃんはツンデレーションだったから・・・。


一方、昨日の昼の部のお友達(女子)とは録画していた将棋フォーカスを一緒に見た。

「あそこで角をなかなか捨てられないんだよねー!w」とか言ってた気がする。

いい加減にしてほしい。


新婚旅行のビデオは2時間強あるんだけど、みんな大体同じ所で今日はそろそろ・・・
となるので、いつも同じシーンばかり見て終わる。

ミルクティ子ちゃんが入院中に一緒に見た時も同じところまでしか見てなかったので、
その後のシーンはホントに一度も見てないぐらいの勢いだと思う。

どうやらそのまだ見ぬ後ろのシーンに例のUFOキャッチャーの場面が映ってるみたいなのだけれど・・・。

続きが気になるので、みなさん、遠慮せずにビデオを見にいらしてくださいね。


そしてみなさん・・・ブログを見てるようですがコメント残していってくださいね・・・。



今朝方、初めてミルクティ子ちゃんの夢を見た。

普通にお話してただけだけど。


 
あっちで元気にしてるいるか?

寂しくしてないか?

炭酸。

実は炭酸も大好きだったミルクティ子ちゃん。

出会った頃はミルクティオンリーだったけど、ある時を堺に急に炭酸好きになった!

それは新婚旅行でグアムへ向かう飛行機の中で、3列シートの隣の外国人が
「ダイエッコー」とネイティブな発音でダイエットコーラを頼んでるのを見た時から。

新婚旅行のビデオの中でレストランでスプライトを頼んでるのを見て思い出した。

それまではホントに炭酸は飲まなかったけど、
それからはかなりの頻度で炭酸を飲むようになった。

特に好きだったのは三ツ矢サイダー。

遺影の両脇にも友達が持ってきてくれたミルクティと三ツ矢サイダーがある。


先日、うちの母ちゃんの「あれ?サイダー減ってない??」の一言で
未開封なのに??ん??????減ってる?????ってなったけど、
ちょうどその日の夜に友達が追加でサイダーを持ってきてくれたので
並べて見比べてみたら「わー!少し減ってる気がする!!」ってなったけど、
後から一人でもう一回見てみたら別にそうでもなかった。

 

この前会った人が、
「生きるという事が修行で、修行を終えた方が天に召されるそうですね。」
なんて話をしてくれて思わずホロリとした。



修行は辛かったか?

まだまだ一緒に修行したかったけど、まずは修行、お疲れ様でした。


 

涙のクリスマスイブ

声を出して泣いたのは亡くなった日の翌日の朝以来。

あの日は朝食の前に枕元で病院であげたミルクティ子ちゃんへの手紙を
読み返していたら、無念すぎて涙がとまらなくなった。

朝食の準備が出来た家族みんなを待たせて一人でメソメソ泣いていたら
顔にかけてた白い布がフワッと動いたのはあの時だったっけ。


あの日以降、家に一人でいても泣くことはなかったのは
きっと知らないうちに悲しい気持ちになる前に気持ちをセーブしていたから。


ミルクティ子ちゃんはイベント事が大好きだった。

事あるごとに手紙を書いてくれた。

確か去年の今頃のディナーは24日がラーメン、25日がステーキだった気がする。

体調が悪くてどっちもあまり食べれなかったけれど。


俺が寂しくって涙がでるというよりは、
ミルクティ子ちゃん、もっとこうしたかったかよね・・・とか、
若くしていってしまったミルクティ子ちゃんが不憫すぎて涙が止まらなくなった。

泣きすぎたからか、鼻をかんだら鼻血がでててビックリした。



日曜日、ミルクティ子ちゃんがかつて働いていたホテルで四十九日の法要をすませた。

働いていたのは10年以上前だけど、ホテルには当時のミルクティ子ちゃんを知っている方もいた。

付き合いたてだったあの頃、そのホテルの和食で働くミルクティ子ちゃんの着物姿はとてもとても優雅だった。

一人で着物を着れるようになったよーってお母さんに言ってたんだって。

俺が食べに行った時は天ぷらを山盛りにしてくれた。



あー、またミルクティ子ちゃんに会いたいなー。。

 

心を温めろ!

昨日、久しぶりに電話をかけてきた友人Y氏。

いったいなんの要件ですか?と尋ねたら、

ブログのクリスマスイブの記事を見て電話したんだ、と。

俺を心配してくれて、いつもと変わらぬハイテンションを装いながら
発した第一声がまさかの失言だったY氏はいつもどおりで
配慮しすぎて失敗しちゃうあたりがY氏らしくて心が温まった。

Y氏は、いつもブログを見てくれているらしく、
「この前の踵の記事にもコメントしたかったんだ!」なんていうから、
「前に別のY氏がコメントしてくれた時にどれだけ俺の心が温まったか!」
と粛々と説いてあげたら、「わかった、踵の記事にしようと思ってたコメント書くよ!」
と、言っていたのでみなさん踵が割れた日の記事のY氏のコメントを楽しみにしていてください。


みなさんのコメントに全然返事ができていなくて大変申し訳ないですが、
いつもみなさんに頂いているコメントは励みになっています。

これからは少しずつコメントを返していきますので、
みなさんも、どしどしコメント書いていってくださいね。



今日の心がけ:ためしにちょろっとコメントを書いてみましょう。



去年の今日。

時間がすぎるのは早い。

あの日入院してから1年。



    白い坂道が 空まで続いていた

    ゆらゆらかげろうが あの子を包む

    誰も気づかず ただひとり

    あの子は 昇っていく

    何もおそれない そして舞い上がる



ミルクティ子ちゃんの写真の前でたまたまこの曲を聞いていて、

  去年の今頃は一人で不安の中、初めての病院のベッドで
  ちゃんと眠れたかどうかは今はわからないんだもんなぁ。
  ほかの人にはわからないのかぁ。。

と、切ない気持ちになった。

ビルの窓を拭く人を見ると「私もしたい!」と言っていたミルクティ子ちゃん。
高い所が好きだった。

空の上から見える景色はどうだ?



    空に 憧れて 空を かけてゆく

    あの子の命は ひこうき雲


 

Appendix

プロフィール

ミルクティ夫

Author:ミルクティ夫
1981年生まれ
結婚4年目で、子供はいないながらに一緒に楽しく暮らしてた奥様が急性骨髄性白血病に。

2013/1/19ブログスタート。

Twitter @milkteakoo


 

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。